今回は別の磯へ

●釣行日    :2016年12月30日
●ポイント(場所):三重県南伊勢町贄浦の磯
●氏名     :馬渡健太

 


明けましておめでとうございます♪
今年もよろしくお願いします!

 

12月30日、三重県南伊勢町贄浦の磯へ出かけた(^^)

 

お世話になる和丸渡船さんでいつもは沖磯にある見江島付近だったが、今回は湾内にある贄浦地磯の先端に渡礁した♪

 

 

 

冷たい強風が吹いたせいで竿を押さえたりミチイトがぶっ飛ばされたりの状態だった(TT)

 

海中はエサ取りのキタマクラやフグやカワハギなどクチバシ軍団が湧いており、自然とエサ取りに負けないように最後まで頑張った・・・。

 

 

 

 


コッパ少なくもリリースあり、30から38センチまで5枚釣ることができた( ´∀`)

 

 

 


その後、渡船さんの年末バーベーキューに参加して楽しんだ(o^^o)


【仕掛け】
がっちりウキ止め
ウキ止ウーリー
なるほどウキ止め糸
・ハリ  刺牙グレ3〜7号


2017年の初釣り

●釣行日    :2017年1月2〜3日
●ポイント(場所):和歌山県那智勝浦宇久井エリア
●氏名     :丹井 良一

 

 

明けましておめでとうございます

 

2017年度、初釣りはホームの宇久井で釣り三昧

 

 

 

1月2日はコベラシに磯上がり。不安定な潮に手を焼きながらワンチャンスをいかして良型グレをゲット!

 

 

 

翌日の3日は地エビに磯上がり。前日とは違い良い流れの潮が入ったみたいでアタリが頻繁に出る。何とか狙いの40cmに出会え幸先の良いスタートとなる

 

 

 


タックル
磯サオ:1.5号
ライン:ザイト磯の白2.5号
ハリス:ザイト磯フロロ2〜2.5号
ハリ:ザ・ROCK6〜8号、剣華グレX6〜8号
フカセパーツ:ウキ止めウーリー(ピンク)、スクラム潮受(ホワイト)、結びストッパー
 


遠州灘サーフの衝撃

益々の賑わいをみせている、遠州灘サーフ。
ターゲットはヒラメやシーバスがメインだが、時に青物の回遊があれば、
そうした「いい情報」に相当するポイントでは釣り人が集中する傾向がある。

 

 

とある週末、狙った静岡県掛川市のポイントは、「いい情報」に挙げられた
のだろう、駐車帯は午前5時前に満車だった。
またその次でも...

 

 

はてさて困ったなぁとなり、退散を考えつつ最後としたポイントに到着する。
そこはいつものような状態で、釣り支度を済ませてサーフを歩いていった。
が、案の定、正面のワンドは満員御礼。
なので、その東側でミノーを打ち、流れのあるスリット構造のボトムを探した。
そしてワンドから約100m、理想的なポイントをみつけマズメを粘る。
すると突然ドンと当たって、低周波の引きが手元を揺すった。
ゴリ巻でズリ上げたのは、本命のヒラメ56cmだ。

 

 

 

続けて、波打ち際でヒットしたのが白い巨体。
直後に沖へ走られたものの、フックとライン強度を信じポンピングで対応する。
が、終わらない抵抗、言うことが聞かなくなってくる右腕。
ただただ、左腕はハンドルを回し回し、回した。
そして音を上げる寸前、幸運にも寄せ切ったのが80cmのブリだった。

 

 

 

このように、瞬間的に訪れる感動と興奮...一方でバレた時の悔しさや喪失感。
何れであっても、味わった刺激に煽られつい足が向いてしまうサーフ行脚は、
私にとって来たる渓流シーズンのための、いい体力づくりになっている。

 

 

 

●    使用タックル
ロッド:アブガルシア ソルティーステージSFS-1032MH-KR
ルアー:ジャクソン  G−コントロール(ヒラメのエサ、リアルイワシ)
カルティバ  撃投ジグレベル30(スモーキー他)
フック:カルティバ ST-46RD(#5)ミノー用
          ST-46 (#6)ジグリア用      
遠投段差フックDH-26(L)ジグフロント用
スナップ:カルティバ クイックスナップ(#2)
ライン:山豊テグス SWスーパーPE 2号(27LB)
リーダー:山豊テグス 耐摩耗ショックリーダー 6号 25LB(約60cm)

 

報告 浜松市 永田 幹夫


遠州灘サーフの衝撃

益々の賑わいをみせている、遠州灘サーフ。
ターゲットはヒラメやシーバスがメインだが、時に青物の回遊があれば、
そうした「いい情報」に相当するポイントでは釣り人が集中する傾向がある。

 

 

とある週末、狙った静岡県掛川市のポイントは、「いい情報」に挙げられた
のだろう、駐車帯は午前5時前に満車だった。
またその次でも...

 

 

はてさて困ったなぁとなり、退散を考えつつ最後としたポイントに到着する。
そこはいつものような状態で、釣り支度を済ませてサーフを歩いていった。
が、案の定、正面のワンドは満員御礼。
なので、その東側でミノーを打ち、流れのあるスリット構造のボトムを探した。
そしてワンドから約100m、理想的なポイントをみつけマズメを粘る。
すると突然ドンと当たって、低周波の引きが手元を揺すった。
ゴリ巻でズリ上げたのは、本命のヒラメ56cmだ。

 

 

 

続けて、波打ち際でヒットしたのが白い巨体。
直後に沖へ走られたものの、フックとライン強度を信じポンピングで対応する。
が、終わらない抵抗、言うことが聞かなくなってくる右腕。
ただただ、左腕はハンドルを回し回し、回した。
そして音を上げる寸前、幸運にも寄せ切ったのが80cmのブリだった。

 

 

 

このように、瞬間的に訪れる感動と興奮...一方でバレた時の悔しさや喪失感。
何れであっても、味わった刺激に煽られつい足が向いてしまうサーフ行脚は、
私にとって来たる渓流シーズンのための、いい体力づくりになっている。

 

 

 

●    使用タックル
ロッド:アブガルシア ソルティーステージSFS-1032MH-KR
ルアー:ジャクソン  G−コントロール(ヒラメのエサ、リアルイワシ)
カルティバ  撃投ジグレベル30(スモーキー他)
フック:カルティバ ST-46RD(#5)ミノー用
          ST-46 (#6)ジグリア用      
遠投段差フックDH-26(L)ジグフロント用
スナップ:カルティバ クイックスナップ(#2)
ライン:山豊テグス SWスーパーPE 2号(27LB)
リーダー:山豊テグス 耐摩耗ショックリーダー 6号 25LB(約60cm)

 

報告 浜松市 永田 幹夫


不安定な潮に悩まされ

●釣行日    :12月10日
●ポイント(場所):和歌山県那智勝浦宇久井の磯
●氏名     :丹井 良一

 

 

12月10日、ホームグラウンドのひとつ那智勝浦宇久井の磯に出向いた。

 

季節風が吹き肌寒い日が続いたおかげで東側の釣り場は海上穏やかな日が続いている。

 

 

当日も海上ベタ凪、私はお気に入りのコベラシに磯上がり。

 

しかし思った以上に潮の流れが不安定であの手・この手と仕掛けの試行錯誤を強いられる。

 

その上、エサ取りが非常に多く悪戦苦闘。ポツリ・ポツリとアタリを捕えグレを釣り上げる。

 

 

 

後半には潮が安定、しかし強烈なアタリを出してくれたのは50cm級のイズスミや大型のサンノジ。

 

何とか納竿間際に今日一の35cm級のグレを追加。

 

今回は不安定な潮に悩まされたがグレ釣りを楽しんだ一日となった。

 

 

 

 

タックル

磯サオ:1.5号

ライン:ザイト磯の白2.5号

ハリス:ザイト磯フロロ2〜2.5号

ハリ:ザ・ROCK6〜8号、剣華グレX6〜8号

フカセパーツ:ウキ止めウーリー(ピンク)、スクラム潮受(ホワイト)、結びストッパー
 


釣ってよし! 食べてよし!!

●釣行日    :2016/12/7
●ポイント(場所):愛媛県愛南町
●氏名     :綱崎恭平

 


こんにちわ!

 

今回はこれからが旬のカワハギを狙って出掛けてきました。

 

 

 

仕掛けは、お手持ちのタックルに結ぶだけで簡単、手軽なオーナーばり『波止カワハギ完全セット』を使用しました。

 

タックルに関してはエギングタックルなどでもかまいませんが、今回は足元付近を縦の釣りで釣っていくのでラインの出し入れがしやすいバス用のベイトタックルを使用しました。

 

港内を歩き回り足元のロープまわりをチェックしカワハギを探します。

 

するとロープをつついてエサを食べているカワハギを発見!

 

急いでエサのオキアミを取り付け仕掛けを投入!

 

軽く仕掛けを上下させて誘ってやるとエサの存在に気づいたカワハギがヒット!

 

即アワセを入れてフッキング成功!

 

良型の美味しい肝がたっぷり入ったカワハギをゲット!

 

数こそ延びませんでしたが25cmクラスを2匹ゲット!

 

 

 

 

このサイズともなれば引き味も抜群! もちろん食べても美味しい!

 

まさに釣ってよし! 食べてよしの好ターゲットです!

 

 

 

これからの釣行の際は『波止カワハギ完全セット』とオキアミをタックルに忍ばせておいてはいかがでしょう?

 

 

他の釣りの合間に楽しむもよし! もちろんメインで楽しむのもよし! 

 

是非、旬の美味しいお土産をゲットしてくださいね〜
 


自然渓流オープン日 釣行

12/3(土)に兵庫県・猪名川水系・一庫大路次川に釣行してみました。

 

当日は、自然渓流オープンの初日とあって、受付がごった返す中、最上流に入川し、午前9時から釣りをスタートしてみました。

 

 

 

生イクラを2粒刺して、手前筋の流れのヨドミへワンキャストすると新子アマゴが一気に目印を引き込みます。綺麗な魚体に見とれる間もなく、瀬尻で35cmサイズの荒くれニジマスがヒット。数分の格闘の末、何と言うことでしょう。痛恨のハリス切れ。すっかり場荒れしてしまい、その後はアタリがありません。

 

 

 

思い切って、最下流への移動を決断し「川の案内所」下流で再度釣りをスタートすることに ・・・。すると、第1投からアマゴの連発です。時折22cmサイズのニジマスも混じりあっという間に手元カウンターは42匹となります。

 

 

 

上流のやや深いポイントを見つけてナチュラルに流すと目印がゆっくりと沈み込み、重量感のある引きがシャープなロッドを大きくしならせます。十分にいなして流れに乗せて取り込んだのは、40cmUPの優しい顔つきのニジマスのメス。最高の気分!

 

 

 

また、流心では、流れに逆らうようにグングンと引き上るファイトを見せてくれた35cmのニジマスを追加して、7.5Lの引き舟2個は満タンとなり楽しい半日の釣りを終えることにしました。

 

 

 

当日は、「本流クイン」のカエシをラジオペンチでつぶしてスレバリとして使用。全てリリースして、5匹のみ持ち帰りとしましたが、口元にナイス・フッキングの先端ストレート・バリは、瞬時の食い込みと同時に必ず鋭角な針先がフッキングし、パーフェクトなシナリオを演出してくれました。
相棒バリ「本流クイン」との信頼の絆を深めた納得のいく釣果でした。

 


【 タックル・データー 】
サ オ   :シマノ・・流翔 L 7.0m (2ウェイ・ズーム)
遊動天上イト:OH 天上道糸FC 0.6号  
水中ライン :OH 渓流ザイト・フロロ・0.4,0.5号
ハ  リ  :OH 本流クイン 7.0,7.5号
目  印  :OH プロ目印スプールワイド  (ピンク・グリーン・オレンジ)
オ モ リ   :ガン玉 B〜2B
エ サ   :生イクラ

 

投稿者  森  雨 魚
 


「ワニゴチ」虫ヘッド釣法目指せ100魚種キャンペーン2016■95魚種目

「ワニゴチ」虫ヘッド釣法目指せ100魚種キャンペーン2016■95魚種目
 
魚種:ワニゴチ
氏名:村上 拓司さん
釣り場:姫路市八家川
釣行日:2016/11/30
虫ヘッド:1g
エサ:アオイソメ
コメント:
最終日なので晩酌我慢して行ってきました。

シロギス、クサフグ、ハゼ、ヒイラギ、キビレ、ガシラと合計七目釣れましたが、新魚種はこれだけでした

キャンペーンへのご投稿→http://www.owner.co.jp/contribution/
キャンペーンの詳細→http://chotoshot2011.jugem.jp/?eid=905
投稿一覧→http://chotoshot2011.jugem.jp/?cid=6
投稿済み魚種一覧→http://chotoshot2011.jugem.jp/?eid=935


【投稿済み魚種一覧 】2016虫ヘッド釣法目指せ100魚種キャンペーン

虫ヘッド釣法目指せ100魚種キャンペーン2016で、すでに投稿された魚種の一覧です。(2016年12月6日更新)
95種をもちまして本年のキャンペーンは終了とさせていただきます。

来年もパワーアップして本キャンペーンを開催予定ですので、皆様のご応募お待ちしております。

 

魚種順   魚種名
1   タケノコメバル
2   カサゴ(ガシラ)
3   メバル
4   ウマヅラハギ
5   キュウセン
6   アイナメ
7   アカササノハベラ
8   マアジ
9   オオスジイシモチ
10   スズキ
11   シマゾイ
12   エゾメバル
13   クロソイ
14   マダコ
15   トカゲゴチ
16   ヒイラギ
17   ギンポ
18   ニジカジカ
19   キツネメバル
20   クロメジナ
21   メジナ
22   マルタ
23   マハゼ
24   カワハギ
25   マダイ
26   クサフグ
27   シロギス
28   ウグイ
29   オウゴンムラソイ
30   ギスカジカ
31   イシガレイ
32   ヌマチチブ
33   カワムツ
34   ナマズ
35   スズメダイ
36   マサバ
37   キュウリウオ
38   エゾイソアイナメ
39   オオモンハタ
40   ムツ
41   クロホシイシモチ
42   ギンブナ
43   クジメ
44   タウエガジ
45   シイラ
46   チチブ
47   ブルーギル
48   マゴチ
49   クロホシフエダイ
50   コロソマ
51   マフグ
52   ラージマウスバス
53   コイ
54   クロダイ
55   キチヌ
56   スゴモロコ
57   ネンブツダイ
58   カワヨシノボリ
59   カマツカ
60   ニゴイ
61   カンダイ
62   カワスズメ(ティラピア)
63   ニジマス
64   オショロコマ
65   ホウセキキントキ
66   カネヒラ
67   アブラボテ
68   アブラハヤ
69   タモロコ
70   ヤリタナゴ
71   ヌマガレイ
72   チカ
73   オニオコゼ
74   ゴンズイ
75   アナハゼ
76   ウツボ
77   キジハタ
78   ヤマメ
79   フクドジョウ
80   シロタスキベラ
81   イトヒキアジ
82   ハリセンボン
83   ホシササノハベラ
84   オハグロベラ
85   クロガシラガレイ
86   スナガレイ
87   ヤミハタ
88   キタマクラ
89   イトフエフキ
90   オキナヒメジ
91   ショウサイフグ
92   ハマフエフキ
93   トラギス
94   ギンガメアジ
95   ワニゴチ

 

投稿一覧→http://chotoshot2011.jugem.jp/?cid=6

キャンペーンの詳細→http://chotoshot2011.jugem.jp/?eid=905
キャンペーンへのご投稿→http://www.owner.co.jp/contribution/


「ギンガメアジ」虫ヘッド釣法目指せ100魚種キャンペーン2016■94魚種目

「ギンガメアジ」虫ヘッド釣法目指せ100魚種キャンペーン2016■94魚種目

 

魚種:ギンガメアジ
氏名:スタッフ 西浦
釣り場:大分県米水津の波止
釣行日:2016/11/13
虫ヘッド:1g
エサ:オキアミボイル
コメント:
グレ金勝杯で選手の方々をお見送りした後、時間が少しあったので軽く虫ヘッドゲーム。
朝マズメにはアラカブがコンスタントにヒットし、日が上がってきたらベイトを追ってメッキが接岸。
ルアーじゃないと食わないかと思いましたが、ボイルのフォールに反応しれくれました。

キャンペーンへのご投稿→http://www.owner.co.jp/contribution/
キャンペーンの詳細→http://chotoshot2011.jugem.jp/?eid=905
投稿一覧→http://chotoshot2011.jugem.jp/?cid=6
投稿済み魚種一覧→http://chotoshot2011.jugem.jp/?eid=935

 


| 1/108 | >>

画像投稿はコチラ!

Search

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< January 2017 >>

Profile

Selected entries

Categories

Archives

Recent comment

Links

sponsored links

mobile

携帯サイトはコチラ!
2010年の記事はコチラ!
2009年以前の記事はコチラ!
オーナーばり
無料ブログ作成サービス JUGEM