虫ヘッド釣法 目指せ100魚種キャンペーン2017開催のお知らせ

今年も恒例となりました「虫ヘッド釣法 目指せ100魚種キャンペーン」を開催いたします!

2年連続惜しくも5魚種足りない95魚種に終わってしまいましたが、今年は虫ヘッドパワーという強い味方がいますので、対象魚が広がり、きっと100魚種を超えられるはず。

奮ってご投稿ください。

当キャンペーンも今回で3年目、皆様で盛り上げていただければ嬉しく思います。

 

 

虫ヘッド釣法 目指せ100魚種キャンペーン2017概要

期間 2017年5月1日(月)〜11月30日(木) 
対象魚 虫ヘッド&虫ヘッドパワーとエサで釣った魚なら、海水魚、淡水魚、サイズ、釣り方は問いません。100魚種目指してどしどしご応募ください! 
〆まで(2017年度に)投稿の無かった魚種の投稿には、もれなくカルティバステッカーを二種類プレゼント!
△気蕕謀蟾10魚種目切り番ごとにオリジナルグッズを(10魚種目、20魚種目、30魚種目・・・)とプレゼントはつづきます。
そして、さらにさらに期間終了後、投稿者全員の中から抽選でオリジナルグッズセットをプレゼント(昨年はオリジナルエナメルバッグ、タオル他)
い泙唇焚爾瞭綻泙!
「パワー賞」…虫ヘッドパワーならではの大型魚だと広報部が判断した投稿に授与。
「珍魚賞」…珍しい魚種、虫ヘッドでは釣りにくい魚種の投稿に授与。
「最多投稿賞」…期間中最も多く投稿してくれた方に授与。
応募詳細

撮り方 ・・・虫ヘッド、虫ヘッドパワーをくわえている、もしくは添えて、できるだけ魚が横向きの状態で撮ってください。 
確 認   ・・・お送りいただいた魚の画像を見て、広報部が魚種を確認。
釣果掲載・・・弊社ブログ「ちょっとSHOT BLOG」のCategories「虫ヘッドキャンペーン」内に掲載。
投稿方法・・・弊社ウェブサイト投稿コーナーからフォーマットに従ってご投稿ください。

ご注意 ・・・投稿は何度でもOKですが、ワームご使用の投稿は不可とさせていただきます。投稿は釣行後できるだけ早めにお願いいたします。魚が生きているうちに撮影してください。ご投稿の写真、コメントはブログに掲載いたします。ペンネームでの掲載をご希望の方は、必ずその旨をお書き添えください。投稿の際、氏名、住所、電話番号、メールアドレスは記載ミスのないようお願いいたします。記載ミスや書きもらしがあり、ご本人様と連絡が取れない場合は、せっかくの賞品が送れませんので、記入確認よろしくお願いいたします。投稿は2017年に釣られた魚に限ります。同魚種の場合や10魚種目は、投稿の先着順とさせていただきます。期間終了後の抽選は1魚種を1投稿とし、その中から選出しますので、多くご投稿くださった方は当選確率がアップします。お送りいただいた写真は、弊社広告やカタログ、店頭POP等で使わせていただくこともございます。予めご了承ください。


ポッチャリと肥えた良型グレ

●釣行日    :2017/4/5
●ポイント(場所):和歌山県那智勝浦エリア宇久井の磯
●氏名     :丹井 良一

 

 

宇久井に通う道中、169号線の池原ダム周辺もピンク色に山景色が化粧し春を感じるようになってきた。

 

 

 

 

しかし宇久井の各磯でまだまだポッチャリと肥えた良型グレが釣れ続いている。

 

4月5日、お気に入りのコベラシに磯上がり。しかし海色悪く水潮気味、あの手・この手と悪戦苦闘しながらグレを攻める。

 

 

少ないチャンスを物にして3枚のグレをget!

 

サイズも38cm、41cm、42cmと型揃い!少ないチャンスを物にできグレ釣りを楽しんだ一日となった。

 

 

 


タックル
磯サオ:1.5号
ライン:ザイト磯の白2.5号
ハリス:ザイト磯フロロ2~2.5号
ハリ:ザ・ROCK6〜7号
フカセパーツ:ウキ止めウーリー(ピンク)、スクラム潮受(ホワイト)、結びストッパー


お手軽釣行!!

●釣行日    :2017/4/5
●ポイント(場所):熊本県 天草
●氏名     :松島 浩輔

 

 

熊本県 天草。

 

岸釣りで根魚狙い!

 

 

 

夕マズメ、3時間ほどの釣行でしたが

 

産卵で浅場に上がっている

 

良型の「カサゴ」をGETする事が出来ました(^^)

 

 

 

岸からのルアー釣りは短い時間でも手軽に楽しめます!

 

 

 


今回、使用した

 

GETNET ジャスターホグは

 

根魚にも効果が高いワームです!

 

針持がよく

 

浮力が高いワームなので水中姿勢が安定。

 

止めているときも

 

魚を誘い続けられます!

 

 

 

針は「マジックフッ素」加工のマルチオフセットを使用しました

 

怖いくらいに、刺さり(スベリ)の良い

 

フックなので、遠投しても

 

安心して合わせる事ができました

 

口の硬い、根魚にはとても効果があると思います!

 

 

〜タックル〜
・ロッド    : エギングロッド 83M
・リール    : 2500番 
・ライン    : PE 0.8号
・リーダー : フロロ12ポンド
・ワーム    : GETNET ジャスターホグ3.3″
・フック    : カルティバ マルチオフセット ♯1
・シンカー : カルティバ 直RIGシンカー 7g

 


初めての平島磯

[釣行日]2017年4月2日
[対象魚]クロダイ
[つりば]千葉県御宿の平島磯
[中潮]
[水温]13・8度
[天気]曇り晴れ
[釣果]52〜35cm 15尾
[釣り方]ウキフカセ

 

 

初めての平島磯は沖向かいの水深は10m〜11mと水深があり磯左右は5m前後、陸向かいは2〜3mと浅いようで磯全体がポイントとなりそうだ。

 

石鯛、メジナ、クロダイが狙える釣り場ですが迷った末、メジナ以外にクロダイにも使えると判断し高集魚効果と比重のあるメジナ用の配合を使用…これらを考え水深竿一本を狙える右側を釣り座に竿を出した。

 

 

 


エサ取りはフグだが比較的少なく釣り易い状況…九人での釣りでしたが終わってみれば磯全体に磯際から竿一本先くらいまでのヒットが多かった。

 

今回初めての釣り場なので何度か足を運んで情報収集が必要と感じた。

 

 

 

 

 

[タックル]
    ロッド・イングラム1・5号 5・0m 
    リール・シマノ3000番
    ライン・オーナーザイト磯フラッシュRX2号
    ハリス・オーナーザイト磯フロロ1.5号
[ハリ]オーナー遠投ハヤテX8号
[付けエサ]生オキアミ・くわせオキアミスーパーハードM・食い渋りイエロー。
[配合エサ]オキアミ6kg・爆寄せグレ・のりグレ
 


宮城県気仙沼エリアにて

●釣行日    :2017/01/29
●ポイント(場所):宮城県気仙沼エリア
●氏名     :佐々木さん

 

 

使用タックル
ロッド:シマノ  EXPRIDE
リール:シマノ  EXSENCE DC
ライン:シマノ  パワープロZ  1.2号
鈎  :ビッグサーフ12号

 

 


カレイ42cm


根掛かりでハリスが切れてしまっても、ビッグサーフはハリスが太いのでオフショアでも安心して速やかに簡単に交換できるので助かります。

 


マイボートでジギングへ

平成29年3月23日(木)にて友達のマイボート(3名)にてジギングに行ってきました。

 

 

朝6時30分に平戸の田助港を出港し約10分ぐらい走ったところのポイントで何度か流してみるが、魚の反応はあるのだが活性が悪くアタックさえしてこない状況でしたので、次のポイントへ約5分走ってしゃくるが同じ状況だったので、思いっ切って生月沖まで走りました。

 

 

 

まずは基本のワンピッチジャークでやるが、まるっきり反応がないのですが、友達は連発でかけます。

 

友達のジグを聞いてみると、サイドにスライドするジグだという事なので、多少なりとスライドをするジグに変更!

 

 

変更した一投目にかかり、上がってきたのはネリゴ(カンパチの若魚)で、すぐさま投入するがポイントを通過したみたいで、反応がなくなりもう一度立て直すことに。

 

 

 

立て直し後、投入しボトムに着底し糸ふけを取ってしゃくった瞬間、竿がしなり、根掛かりと思ったが、魚の引きを感じ取れたので、巻くことにただ重たいだけ(たまに引く感じ)であがってきたのは2.5キロのアコウ(キジハタ)でした。

 

 

 

その後、時間も立ってるので他のジグにも反応あるかもと思い、いろいろ試すがアタックさえしてこないが、隣でしゃくっている友達はバンバンネリゴ(カンパチの若魚)やヤズ(ブリの若魚)等を掛けてるので、今日はやはりスライド系が良いのではと思い、元のジグに切り替えし、投入後の10シャクリぐらいで、ぐーんと重くなり合わせたら、フルに締めていたドラグがなり始める!!

 

 

 

何度もドラグを出され、ようやく浮かせた魚は、95cm 6.85kgのヒラマサでした。

 

ちょうど昼になったので納竿することに。

 

実釣時間は約4時間で3名での釣果は・・・・

 

ネリゴ(カンパチの若魚)が5匹

ヤズ(ブリの若魚)5匹

ヒラマサ・ヒラゴ2匹

アコウ(キジハタ)1匹

沖アラカブ(うっかりカサゴ)1匹

 

 

〜タックル〜
(スピニング)
ロッド:シマノ グラップラーS604(ジギング用)
リール:ダイワ フリームス4500J
ライン:カルティバ 撃投PEフラッシュ 3号/300m
リーダー:ダイワ D-FONE船ハリス 22号/約2ヒロ
ジグ:MCワークス ブンチン1.0/160g等
フック:SJ-51 5/0 (自作アシストフック)


(ベイト)
ロッド:beat PROPAGATE bp606-4(トルザイトガイド)
リール:シマノ オシアカルカッタ 300HG
ライン:よつあみ ジグマンX4 3号/200m
リーダー:ダイワ D-FONE船ハリス 22号/約2ヒロ
ジグ:beat both-F 160g/ピンク
フック:カルティバ JT-27 ジガーライトシワリツイン 3/0


今回の私の釣果(ヒラマサ1匹・ネリゴ1匹・アコウ1匹・沖アラカブ1匹)は全てベイトロッドのみでした。

 

 

投稿者:章100%


通いなれたコベラシ

●釣行日    :2017.3/23
●ポイント(場所):和歌山県那智勝浦宇久井
●氏名     :丹井 良一

 


寒グレ終盤戦、私のホームグラウンドの宇久井では良型グレが好調に釣れ続いている。

 

天気図とにらめっこして、波・風が穏やかな日を狙って釣行。

 

 

 

しかし宇久井エリアは波に敏感な釣り場、思った以上に波気あり。なんとかお気に入りのコベラシに渡礁。

 

渡礁できて良かったが、大きなサラシの影響で釣り辛く悪戦苦闘。

 

しかし通いなれたコベラシ、その日の喰いのパターンを攻略。36〜39cmを5枚と41〜45cmを3枚の計8枚を釣り上げることができた。

 

 

 

 

当日は釣り人全員が良型のグレを手にしていた。宇久井のグレ、まだまだ釣れそうですよ!

 

 

タックル
磯サオ:1.25号
ライン:ザイト磯の白1.75号
ハリス:ザイト磯フロロ2号
ハリ:ザ・ROCK6〜7号
フカセパーツ:ウキ止めウーリー(ピンク)、スクラム潮受(ホワイト)、結びストッパー


岡山県・吉井川水系・奥津川渓流解禁

3/15(水)岡山県・吉井川水系・奥津川に釣友と釣行してみました。


当日は、奥津川漁協簡易事務所で午前5時に入川手続きを済ませ、まだ夜も明けぬ雪の降る中、奥津温泉橋の下流に陣取り夜明けを待ちます。

 

40分ほどで辺りも薄明るくなりかけ、寒さですっかり冷え切った指先を、使い捨てカイロで温めながら帽子の雪をはらって、いよいよ待望の第一投をスタートしました。

 


生イクラを2粒刺しし、手前筋からナチュラルに流しますが、雪白の入った流れは、水温低下のためアマゴからの反応がありません。

 

2度・3度と水中でエサ切りをしてアマゴにスイッチを入れようとしたマキエを繰り返し、ようやく目印に食い止まりのアタリが出ます。

 

しっかりフッキングさせ引き抜いてタモに飛び込んできたのは、20cmサイズのビューティフル・フィッシュ!

 


岡山県ブランドの幅広の魚体と朱点がくっきりと出ています。 思わず「綺麗!」と、つぶやいてしまうほどです。

 

 


同ポイントを少しずつ歩み出るように対岸に向けて、線の釣りを心掛け、約2時間で目標の25匹を釣ることができました。

 

 

 

 

当日は、アマゴは川底にへばり付き、食い止まりのアタリが多く出ましたが、後半はウエイト・アップしたガン玉オモリと、カッパ・マタギ5号の小バリを使用した「ドラグ釣法」で、エサを食いやすいスピードで流すと下流に定位したはぐれアマゴも無理なく口を使ってくれ、家族分には十二分な釣果を上げることができました。


水温が安定したベスト・コンディションの日にもう一度訪れてみたいフィールドとなりました。

 


【 お問い合わせ先 】  奥津川漁業協同組合  TEL 086(852)0430 

 


【 タックル・データー 】

サ オ      シマノ 流翔L 7.0m
天上イト     OH 天上道糸 FC 0.6号
通し水中ライン  OH ザイト渓流フロロ 0.4、0.5号
目 印      OH プロ目印スプールワイド (ピンク・グリーン・オレンジ 3色)  
オモリ      ガン玉 5〜B2
ハ リ      本流クイン 7号 、カッパ・マタギ 5、6号
エ サ      生イクラ

 

 

投稿者    森   雨  魚
 


2017渓流解禁

毎度毎度、初の1匹と出会うのに苦労させられる解禁釣行。

 

 

 

でも、その過程がやっぱ好きだったりする訳で、兎にも角にも

 

水温2℃台の小溪で地イワナがよくぞ出てくれました。

 

 

 

 

止めなかったスプーンのギラギラアクションにパクリ。

 

2017渓流シーズンの幕開きである。

 

 

 

 

 

●使用タックル
ロッド:フォレスト ストリームインフィニティー52L
ルアー:フォレスト MIU5g(黒金ヤマメ、金黒ゼブラ他)
アイフィッシュFT5S(金アユ、赤金他)
          
フック:カルティバ SBL-55M(#10)ミノー用
SBL-51(#8)スプーン用
スナップ:カルティバ ダイレクトスナップ(#0)
ライン:山豊テグス ファメルトラウトサイトエディション(4LB)

 

浜松市 永田 幹夫
 


少ないチャンス

●釣行日    :2017.3/12
●ポイント(場所):和歌山県那智勝浦エリア宇久井の磯
●氏名     :丹井 良一

 

 

私が所属する関西磯釣研究会の3月度例会が、12日に宇久井の磯で開催された。

 

 

 

天気は晴で北西風、海上波なし。水温は15.3℃

 

地エビとコベラシに分かれ磯上がり。各磯とも終始不安定な潮に手を焼きながら悪戦苦闘。少ないチャンスを手にした人だけがグレを手にしていたような感じだった。

 

 

 

地エビで和田さんがグレ30〜40cmを2枚、コベラシで私がグレ30〜40cmを4枚。難しい釣りだったが例会を楽しんだ一日となった。

 

 

 

タックル
磯サオ:1.5号
ライン:ザイト磯の白2.5号
ハリス:ザイト磯フロロ2〜2.5号
ハリ:ザ・ROCK6〜8号
フカセパーツ:ウキ止めウーリー(ピンク)、スクラム潮受(ホワイト)、結びストッパー
 


| 1/110 | >>

画像投稿はコチラ!

Search

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

Profile

Selected entries

Categories

Archives

Recent comment

Links

sponsored links

mobile

携帯サイトはコチラ!
2010年の記事はコチラ!
2009年以前の記事はコチラ!
オーナーばり
無料ブログ作成サービス JUGEM